心と体のセラピーが受けられる秦野市の整体院 【かのうせいカイロプラクティッ ク】

かのうせいカイロプラクティック
0463-71-5629 Map

無意識に他者の念と自分の念がこんがらがって心身に影響する

過去の失敗を自己開示します。
ブログをご覧になっていただける方が僕と同じ失敗を繰り返さないように、そして自分自身も同じ失敗を繰り返さないようにという願いと誓いを込めて書きます。

文章では、うまく伝わりにくいというか、自分の文章が未熟なものでしてご容赦下さい。
何となくでも参考になれば幸いです。

・・・・・
僕たちは人との関わりの中で暮らしています。

身近なところでは、家族などの近親者、親友など近しい関係の中で強く影響を与えあっています。

原因不明の体調不良や痛みなどで困っている人の中に、相手の念が起爆剤となって影響している場合があります。

念とは、思い、気持ち、希望を意味します。

例えば、病気を患っている相談者がいるとします。(以下クライアントに置き換えます。)

クライアントに同情、共感してしまうのはごく普通のことと思います。

同情が度を越して、クライアントへの健康を願う気持ちよりも、クライアントの病気の苦しみや辛さ、哀れみ、孤独、絶望の方へひっぱられてしまい、寄り添うを通り越して「私が何とかしてこの人(相談者)を助けなければいけない」と背負い込むのが問題のはじまりとなります。

アドバイスをしたがる傾向の強い人は要注意です。

それは、クライアントが自分は何もできない私を救ってくださいと自発的に改善していこうとする気持ちが失せている時。
カウンセラー(相談にのる人)がそうさせてしまっていることも・・・。

しまいには、クライアントではなくカウンセラーが何もできない自分に無力感を感じ、カラダがどっしりと鉛のように重くなります。

クライアントは、繊細ですからすぐに顔色や口調を読み取り、さらに不安が助長されカウンセラーを無意識に責めはじめます。

問題なのは、無意識に、クライアントの苦しみを自分の過去や今の苦しみと混同させてしまって解決しようとしている点にあります。

つまりは、自分自身の中にある未完了な苦しみとクライアントの苦しみがこんがらがっているのです。

そして、どんどんエスカレートしてクライアントが無自覚にこれでもかというくらいに罪悪感を表だして押し付けてくるのです。

あなたは私を助けるって言ったわよね!
私はこんなにもかわいそうな人なんだから何とかして!
今すぐに私の痛みや苦しみ治しなさいよ!
生活が苦しくてお金がありません、何とかもうちょっと安くできませんか?
子供にお金がかかるから、自分のカラダにお金をかけられないんです。
主人が冷たくて私は寂しいです。
といった具合に罪悪感をエサにカウンセラーのエネルギーを奪い取っていくのです・・・・

聴くスキル、未完了な問題をクリアにして自己理解を深めておかないと受けとめることができずに巻き込まれてしまいそうになりませんか!?

昔は、僕が身代わりになってなんとかしましょうと言ってしまう人間でした。(今でもその傾向あるから気をつけます)

僕はこのことを気づけずに体調を壊しました。
忙しさや過労、睡眠・運動不足もかさなっていますが、何よりも悪く言えば無防備で我慢と抑圧の平和主義の自己犠牲人間として精一杯頑張っていたのです。(良くも聞こえるけど気のせいかな!?)

自分も辛かった時期があるから、同じような状況の人がいたら手を出したくなって助けようとして、自分も同時に救おうとしていたみたいに・・・。(覚悟があっていいじゃないの)

例えると、崖で落ちそうになっている人に手を差し伸べて一緒に落ちるみたいな人間です。(あら、かっこいい)

相談にのってクライアントがスッキリしても、自分だけは辛い・・・・。
必要以上に介入しようとしてしまう(おせっかい)・・・・。
クライアントの問題を自分の問題解決の材料にしていたり・・・・。
クライアントの自立的な態度が失せて人任せのようになる・・・・・。
しまいには、仕事に行くのが怖い、人にあうのが怖い・・・。

もう最悪でした( ノД`)シクシク…(そんなことない、よくやったじゃん)

今でも時々、アレッ!と違和感を感じる時があります。
この違和感が大切で、前までは違和感を自分の体調不良と勘違いしていましたので進歩しています。(ここ大事)
自分でも驚きです。

もし、誰かの相談にのっていて、話が聴けない、過剰に介入してしまう、相談後にぐったりしてしまう等のことがあったらこのブログ記事を思い出してください。(関係ない場合もあります)

そして、自分とクライアントを切り離して、自分の中にある未完了な問題に時間をさくようにしてください。(これがまた難しいのよ)
クライアントには自らなおす、抜け出す力が備わっていることを知ってください。(そうそう)
言葉ではない身体的な違和感にも注意を払ってください。(これを体調不良と勘違いしている人が多いこと、僕もそうだった)

1人で抱えこまないことも重要です。無理だと思ったら他の専門家にたくすなどしてください。
(他の相談者に変わってもらうことをリファーといいます。)

僕も産業カウンセラー養成講座をはじめ、いろんな講座、研修でいたいほど自分の弱さと向き合い学びを深めてきました。

人は誰しも、大なり小なり苦難にあっています。

カウンセリングをしていて、みんな普通の人間なんだと思うようになってずいぶんと人づきあいが楽になりました。

特別とか、自分はすごい、俺は天才という人程、心の奥に弱さを抱えていることも知りました。

逆に、うつ病や病気を患っている人程、どこか魅力的なものがいっぱい溢れていて本物の強さをもっていることを知りました。

僕たちのできることはほんの些細な事かも知れませんが、一瞬でも救われるような気持があればその人はその一瞬で何十年と人生を全うできてしまうものです。

それだけ、僕たち一人一人には生きる力が備わっています。

これからもその一瞬の為に、研鑚を積んで磨いていきたいと思います。
自己研鑚に終わりというものはないですね。

皆さんの心と身体の健康を心よりお祈りしています。

・・・・・・・・・

こちらは、三島のスカイウォーク。
妻とワンコ3匹連れて行ってきました。

夕日の沈むのをみました。

毎日夕日が沈むのに、こんなにまじまじと家族や周りの見知らぬ人とそろって夕日が沈むのをみることはありません。
この一瞬が何ともいえない贅沢な時間でした。

僕、ロマンチックなムードが大好きなんです。

しかし、とっても寒かったです~~~~~

おすすめなので、ぜひ足を運んでみて下さい。

晴れた日は、時間を15分延長(17時15分まで)して夕日が沈むのをみれますよ。

患者さんにいただいた、ワンコのカートも大活躍しています。
ありがとうございます。

日本最長の吊り橋「三島スカイウォーク」
http://mishima-skywalk.jp/

 

 

 

Comments are closed.

カテゴリー

アーカイブ

▲このページのトップへ
かのうせいカイロプラクティック ご予約フォームはこちら 0463-71-5629 Map
かのうせいカイロプラクティック