心と体のセラピーが受けられる秦野市の整体院 【かのうせいカイロプラクティッ ク】

かのうせいカイロプラクティック
0463-71-5629 Map

かのうせいカイロプラクティックを開院した理由

私が開院した理由は、高校生の頃にさかのぼります。

推薦入学で駅伝に強い高校へ進学するため親元を離れ寮生活を送りました。

1年もしないうちに足腰を故障して走れなくなりました。

整形外科のレントゲンでは異常がありませんでしたが、痛くてたまりません。

脚がマヒするようにしびれます。

走るたびに腰がズドンと重くなり、前脛骨筋(スネ)から足首にかけて感覚がなくなっていました。

それでも、走りたい、走らなきゃ、期待に応えたい・・・

心が弱い、甘やかされて育ったからだと厳しい指導を受けました。

悔しくて、情けなくて、自分に負けたくなくて這いずって、意識がなくなるまで走りました。

倒れこむたびに、ひどく落ち込みました。

今思えば、寮生活や部活動の厳しい上下関係、指導、環境面の過剰適応をしていたことに気づきました。

やせれば足が速くなる、痛みもとれる、無理をすれば強くなれると間違った認知の歪みもありました。

栄養の偏り、過剰なダイエットも問題でした。

心、身体、栄養、環境全てにわたってバランスを崩していました。

この時の苦しみ、悲しみ、怒り、不甲斐なさ、寂しさが逆に前向きの原動力となって将来の夢がいっそう高まりました。

僕と同じように「痛みや不調で苦しんでいる人達がいたらこの手で何とかしてあげたい、気持ちの面でもわかってあげられるようになりたい」強い使命感を抱きました。

今思えば、当時の経験や厳しい環境のお蔭で今があります。

当時は相当傷ついていました、苦しかったです。

自分自身を自ら傷つけてきたんだということにも気づきました。

結果がでるわけがありませんよね。

僕にとって10代を振り返ると、良く言えば修行僧のような人生、悪く言えば刑務所にいるような人生でした。

当時は本当に好きなことは、周りの期待に応えることが好きなことであると思い込んでいました。苦しいことばかり選んでいました。

そうは言いながらも、自分の好きなことをとことんやらせてくれる家族があって今があります。

もう今は、感謝、感謝です、あの苦しみにも感謝できるまでになりました。

今回お話した、開業の動機は、ほんの一部に過ぎません。
幼少の頃から、もうこの職に就くことが決まっていたかのような出来事が数多くあります。

それはまたの機会にお話ししたいと思います。

 

かのうせいカイロプラクティック 院長 

齊藤 弘治(さいとう こうじ)

元プロボクサーとかちゃんと対談  俳優江藤潤氏と対談

雑誌取材記事

 

この記事にコメントする

Trackbacks




Trackback URL

名前

メールアドレス (公開しません)

ウェブサイト

コメント

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
▲このページのトップへ
かのうせいカイロプラクティック ご予約フォームはこちら 0463-71-5629 Map
かのうせいカイロプラクティック